ポリアミンとは何か

ポリアミン

 

以前からポリアミンは気になっていましたが、お客様の問い合わせがあり、ちょっと調べてみました。

 

ポリアミン とは、第一級アミノ基が3つ以上結合した直鎖脂肪族炭化水素の総称だそうです。私もお客さんに聞かれるまではちっとも知りませんでした。 私は生薬業界で業界が違うので無知です。 学生のころは有機合成化学を専攻していましたが、成績がわるかったのでkg単位の合成をやらさせていただいておりました。枝葉末節のパートの部分です。 

 

 このポリアミンはウイルスにも存在しますし、もちろんヒトにも含まれています。あらゆる生体中に含まれ、細胞分裂や蛋白合成などの活動に関与している成長因子です。

細胞分裂にかかわる物質です。 

 

老化と実に深くかかわる物質だということです。 老化が進み、骨を折っても、子供と老人では治りのスピードがまったく違うようなものです。

 

ということはこの物質はそのような働きはするが、この合成を遅くしているそもそもの原因があると思います。

 

私の大きなテーマである老化とは病気なのか?につながる話です。

 

ポリアミンというと?ですが、発酵食品に多く含まれる成分でアンチエイジングに効果があるということであれば、納豆、大豆製品、キノコ類を取ればいいそうです。 

まさに和方食です。 自分で作れないなら取ればいいという考えですが、わた氏自身はどうして作れなくなったのか?が大変興味があります。 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»