αマンゴスチン

αマンゴスチン

 

CAS 6147-11-1 

 

この成分はマンゴスチンの果皮から抽出されます。

 

  マンゴスチン

マンゴスチン

 

日本では生えませんので東南アジア原産となります。

 

 

    αマンゴスチン

αマンゴスチン

 

このαマンゴスチンというフィトケミカルは、抗がん作用(5ーFUレベルの作用)、赤痢、マラリア、寄生虫、殺菌作用、解熱、抗炎症、抗ウィルス作用、COX2阻害作用(セレコックスの作用機序での鎮痛作用)があるといわれています。

 

すごいですね。マンゴスチン。 食べてよし、煎じてよし。 

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»