IGF1(インスリン様成長因子)

IGF1(インスリン様成長因子)

 

IGF1とは体内で作られるペプチドホルモンです。 伝達物質の1つです。 インスリンもそうです。

 

高齢になるとあまりつくられなくなります。 というのはGH(成長ホルモン)によって作られるからです。

 

間接的に長生きできるかどうか大切なペプチドホルモンです。

 

だいたい40歳くらいからでしょうか? 年齢より若く見える人と、そうでない人が分かれてくるのは。

 

またまた間接的になりますが、グレリンというペプチドホルモンが胃から分泌されてきますが、このグレリンが脳下垂体を刺激して、成長ホルモンの分泌を促進します。

 

このグレリンを分泌させるためには、2つ方法があります。 

 

1 空腹を我慢する

  空腹を我慢するとおなかがぐーと鳴りますよね。 あれがグレリンが出ている証拠です。

  ぐーぐーならせると成長ホルモンがでて、体が若返ります。 これは最近話題になっているプチ断食でもいっているし、ファスティングなんてカッコいい言い方もしています。 私自身も一日1食であまり食べすぎないように注意しています。

 

2 六君子湯を飲む

  この薬はなんとグレリン分泌促進し、グレリン分解阻害し、グレリン感受性をあげるという優れものです。  

  まあ一応薬なので、胃の不調がない方は飲まない方がいいです。

 

お金もかからず効果が得られるのは空腹を我慢するのがいいです。

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»