アルテミシニン

アルテミシニン

 

この成分はクソニンジンの成分で、アルテスネートとしてはマラリアの薬として利用されています。

 

  アルテミシニン

アルテミシニン

 

しかしクソニンジンとはひどい名前。 今命名したら、なんか言われそう。

 

私はこのアルテミシニンはマラリアというより、一型糖尿病が治らなないだろうかと考えています。

 

 

臨床および前臨床剤によって誘発される膵臓β細胞の再生

World journal of stem cells. 2021 Jan 26;13(1);64-77. doi: 10.4252/wjsc.v13.i1.64.

 

現代世界で最も一般的な慢性疾患の1つである糖尿病は、その病態生理学的メカニズムの主要な部分として膵臓のβ細胞欠損症を持っています。膵臓の再生は、β細胞の喪失を回復するための潜在的な治療戦略です。ただし、内分泌膵島は、特に成人の場合、再生能力が限られています。ほとんどすべての血糖降下薬は、高血糖の矯正とその結果としての炎症と酸化ストレスの改善を介してβ細胞のアポトーシスと脱分化を阻害することにより、β細胞を保護することができます。グルカゴン様ペプチド-1やγ-アミノ酪酸を含むいくつかの薬剤は、β細胞の増殖を促進することが示されています。これは、成体のげっ歯類では再生されたβ細胞の主な供給源と考えられていますが、ヒトではあまり明確ではありません。膵臓前駆細胞が存在し、特定の状況下で活性化される可能性があります。アルテミシニンとγ-アミノ酪酸は、いくつかの論争が存在しますが、αからβ細胞への変換を誘発する可能性があります。腸内分泌前駆細胞は、FoxO1の欠失後、腸内のインスリン産生細胞に転移する可能性があり、FoxO1阻害に関する薬理学的研究が進行中です。膵臓腺房細胞を含む他の細胞は、β細胞に分化転換する可能性があり、臨床および前臨床戦略が現在進行中です。このレビューでは、β細胞再生のさまざまなアプローチで使用される臨床および前臨床剤を要約し、臨床応用の将来の展望に関するいくつかの提案を行います。

 

一型糖尿病が治る日がいつか来るかもしれないですね。

 

 

 

 

次の記事へ

»