アリソール

アリソール

 

これは沢瀉(たくしゃ)の成分で、アリソール類がたくさんあります。 おそらくアリソールが利水作用の成分ではないかと考えています。 利水作用といっても今の医学での概念にはなく、体液の60%以上が水なのに、この水の動きに関しては何も触れていないというのが、2022年にもなって驚きです。

 

 

   【アリソール】

アリソール

 

利水剤というのは茯苓、沢瀉、猪苓と3大利水剤があります。

 

利水というのはプールで説明すると、栓を抜くのが利尿作用で、栓を抜かないで、プールの水を循環させて、ごみをとって綺麗にする作用のことをいいます。 

 

アリソールで現代医学で分かっている作用は次の通りです。

 

利尿作用、バゾプレッシン受容体拮抗阻害、アンギオテンシン2受容体拮抗阻害、抗腎炎、腎臓Na KATPase阻害、膀胱平滑筋収縮抑制、血管収縮抑制 降圧、血管拡張作用などなどたくさんの作用が確認されています。

 

現在問題になっている腎不全にも効果がありそうです。

 

 

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»