ハゲホルモン

ハゲホルモン

 

これは正式にはジヒドロテストステロンといいます。 このホルモンは男性ホルモンの1つのテストステロンが、5αリダクターゼによりジヒドロテストステロンに代謝されたものです。

 

このハゲホルモンは性分化の大変重要なホルモンでありますが、これが中高年でも働いていると脱毛につながってしまうのです。 ですから製薬会社は「5αリダクターゼ阻害剤」をこぞって開発してきました。 

 

現在発売しているのはフィナステリドです。商品名はプロペシアです。 

 

発毛サプリを開発しているときに、プロペシアを服用している方がいらっしゃいました。 その方は、プロペシアを飲んだら髪は増えたけど、EDになってしまったのでやめたとのことでした。

 

添付文書によるとEDの発現率は1%程度。 100人に一人だったのかー。  もっとなるのかと思っていましたが、1%なんですね。

 

私の感覚ではやる気の減退、鬱様症状も起こっているのではないかと思います。

 

 

 【ジヒドロテストステロン】

ジヒドロテストステロン

 

 

禿げの原因の1つではあると思いますが、すべてではないように思いますが、選択肢の1つとして試すのはありだと思います。

 

プロペシアは処方箋薬で、自費薬なので病院に行き、医師の診断のもとで処方してもらうことになります。 

2回目からは個人輸入でもいいかと思いますが。

 

身近な食品ではイソフラボンが効果があるようなので、豆腐、納豆、味噌汁(赤だし)などの豆腐製品の摂取をお勧めいたします。 大豆イソフラボンのサプリメントを摂取してもよろしいかと存じます。

 

なければ困るし、在りすぎれば悪さするし、バランスがとても重要なんでしょう。

 

 

 

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»