有効成分図鑑

フィセチン

フィセチン   フィセチンはサーチュイン遺伝子を活性化させる強力な物質です。 いろいろな植物に入っていますが、身近な食品ではイチゴ、リンゴ、玉ねぎ、きゅうりに含まれています。   効能効果は…

ネポジン

ネポジン   野草であるそこら中に生えているギシギシの根っこの成分です。 ギシギシは羊蹄根(ようていこん)という生薬なんです。    羊蹄根:緩下作用 抗菌作用 疥癬       ネポジ…

ファルビチン

ファルビチン   朝顔の種の成分です。 ファルビチンが直接大腸を刺激して蠕動運動を促進します。   朝顔の種は漢方では牽牛子(けんごし)といいます。    朝顔の種が下剤だったとは。 び…

アピゲニン

アピゲニン   アピゲニンはオートファジーを誘導します。したがって体は若返り、アンチエイジングに効果があります。 しかし医薬品分解酵素の働きを阻害してしまうことがあるため、作用が強く出る可能性が…

アンドログラフォリド

アンドログラフォリド   このフィトケミカルはセンシンレンから見つかりました。 センシンレン自体、本当の風邪薬といわれています。免疫力を強化して抗ウィルス作用を発揮します。 インドではカンジャン…

オフィオポゴニン

オフィオポゴニン   このフィトケミカルは麦門冬に含まれる成分です。   麦門冬というのはジャノヒゲと言われる園芸で土手に植えられたりする植物の根っこです。   この麦門冬というの生薬は…

ベタイン

ベタイン   ベタインは植物だけではなく、タコやイカにも含まれています。  工業的にはビートから製造されて販売されています。  調味料としての使用が多いようです。        ベタイン …

ウルソール酸

ウルソール酸   ウルソール酸は様々な植物に含まれているフィトケミカルです。    リンゴ、バジル、ビルベリー、クランベリー、ローズマリー、などなどの多くの植物に含まれている安全性の高い成分で…

ジメチルトリプタミン

ジメチルトリプタミン   これは自然界に存在するアルカロイドであり幻覚剤です。 植物やキノコやヒキガエル、人体の中にも存在します。    ジメチルトリプタミン     この物質の面白い…

グルカゴン

グルカゴン   ペプチドホルモンの一種のグルカゴン。 身体の中にはいろいろな伝達物質があります。 このグルカゴンは血糖値をあげるペプチドホルモンです。                    …

サリシン

サリシン   これは西洋柳の樹皮に含まれるものです。 ヒポクラテスが柳の皮を煎じて飲むと痛み止めになると 2000年以上前に言っていたことがあるそうです。 すごいですねえ。   植物からみると植…

OPCとは

OPCとは   オリゴメトックプロアントシアニジンのことです。 抗酸化物質の1つです。 フランス松からはじまりましたが、費用が高いので、今度はピーナッツの渋皮からとるようにしたようですが、フランスに…