有効成分図鑑

シトルリン

シトルリン   スイカの皮から見つかったアミノン酸です。 血管を拡張させて血流が改善されることが分かっています。         【シトルリン】   日本でも多くのサプリメントで利…

ハゲホルモン

ハゲホルモン   これは正式にはジヒドロテストステロンといいます。 このホルモンは男性ホルモンの1つのテストステロンが、5αリダクターゼによりジヒドロテストステロンに代謝されたものです。   …

アリソール

アリソール   これは沢瀉(たくしゃ)の成分で、アリソール類がたくさんあります。 おそらくアリソールが利水作用の成分ではないかと考えています。 利水作用といっても今の医学での概念にはなく、体液の…

アコニチン

アコニチン   このアルカロイドは生薬業界では超有名な成分です。トリカブトに含まれる成分です。生薬名は附子です。あまりにも毒性が強いので、減毒して使用するくらいです。 その操作を修治(しゅうじ)…

コロソリン酸

コロソリン酸   現在バナバ葉エキスが主流で、機能性表示食品のオンパレートです。 血糖値を低下させる作用があります。 インスリンと同様細胞への取り込み促進させます。 サラシアもそうですが、バナバ…

ベルバスコシド

ベルバスコシド          【ベルバスコシド】   抗炎症、抗酸化、抗がん作用があるとされる成分です。 ニクジュヨウ、車前草、など様々な植物に含まれます。 マクロファージ活性もあ…

プテロスチルベン

プテロスチルベン         【プテロスチルベン】   このフィトケミカルはレスベラトロールの仲間です。 アンチエイジング、美白など美容に応用できます。 免疫調整機能もあります…

ベツリン

ベツリン   シラカンバの樹皮に一番多く含まれる成分です。 抗腫瘍作用が確認されています。また肥満解消もできます。インスリン感受性をさげたりもしてくれます。       【ベツリン】  …

エスクリン

エスクリン   西洋トチノキに含まれるクマリンの配糖体です。   西洋トチノキはマロニエと言われており、果実は日本では医薬品扱いとなっています。 ヨーロッパでは静脈瘤を治す薬として、使用され…

エラグ酸

エラグ酸   多くの植物に含まれている成分です。強い抗酸化作用があります。イチゴ、枸杞、ザクロなどに含まれています     抗がん作用、抗ウィルス作用、美白作用があるといわれています。 …

プニガラギン

プニガラギン   ザクロエキスの主成分です。 プニガラギン自体は八味地黄丸のような作用があります。 頻尿、夜間頻尿に効果があるとされています。   また人間の腸内で代謝されてウロリチンになり…

エスクリン

エスクリン   西洋トチノキの成分です。 西洋トチノキ自体は専ら医薬品成分なので日本ではまったく研究されていません。       【エスクリン】   西洋トチノキ自体は血流改善作用があ…