有効成分図鑑

ミルセン

ミルセン   ローリエ、バーベナ、キャラウェイ、ウイキョウなどたくさんの植物に含まれる成分です。   この成分は慢性疼痛や抗炎症作用があります。メントールみたいですね。  そんなに強くはない…

オイゲニルメチルエーテル

オイゲニルメチルエーテル   この物質は香料でFDAが3年前に使用禁止しました。 合成香料での発がん性を認めたからです。  アメリカはこういった安全性に対しても判断はとても速いと私は思います。  …

リゴジン

リゴジン   この成分は海金砂(かいきんしゃ)の含まれる成分です。  膀胱炎、尿路結石などに応用されます。 抗生物質のようです。   この成分はまったく研究されていないです。 また海金砂も研…

ベルゲニン

ベルゲニン   この成分はアカメガシワの成分です。 アカメガシワは日本薬局方に載っているにも関わらずあまり利用されていない生薬です。 効能効果は胃腸薬です。消炎,苦味健胃,抗潰瘍作用があります。 …

アミグダリン

アミグダリン   アミグダリンは杏仁(杏仁豆腐のにおいの元)、ビワの種とかに入っています。        アミグダリン     アミグダリンは優れものです。咳止めの成分です。  …

アルカンニン

アルカンニン   これは紫根に含まれる色素です。 含まれるのは紫根だけではないですが。       アルカンニン   紫雲膏として日本では皮膚薬で認められていますが、抗炎症作用、創…

オキシマトリン

オキシマトリン   苦参(Sophora flavescens Aiton)のアルカロイドです。 日本で認められている漢方は外用です。   苦参湯は湿疹、陰部搔痒 おりもの 疥癬に効果があります。・   日本で…

パルマチン

パルマチン   オウバクに含まれているアルカロイドで医薬品成分です。これだけでは医薬品としては使用されていませんが、オウバクを使用した場合定量したりして管理成分となります。 オウバクにはベルベリ…

クリソファノール

クリソファノール   この成分は大黄やセンナに含まれる成分で下剤として利用されています。またイタドリ(虎杖根)、つるどくだみ(何首烏)、ギシギシ(羊蹄根)にも含まれています。 直接腸管を刺激して…

ブテイン

ブテイン   紅花色素の黄色の物質です。 ほかにもいろいろ含まれています。   これはサーチュイン活性物質の1つです。 抗がん作用もあります。           ブテイン   まだ…

ジベレリン

ジベレリン   これは人体への影響をあたえる物質ではなくて植物ホルモンです。  成長軸方向への細胞生長を促進させたり、種子の発芽促進、老化の規制に 関わっているそうです。        …

メチオニン

メチオニン   メチオニンは硫黄を含む必須アミノ酸です。 必須なのですが、この必須を利用してダイエットが可能です。   脱メチオニンをすると体脂肪が減り、血糖値がさがるそうです。  というの…