毛包炎

毛包炎

 

脱毛した後に炎症をしてしまった患者さん。 抗生物質とステロイドの薬をだされていました。

 

毛包というのは読んで字のごとく毛をつつんでいる器官です。 ここが炎症を起こし、ばい菌が入り込んで、産んでしまっている状態です。

 

マクロファージさんが一所懸命ばい菌を食べて、死んでいくことを繰り返し起こしているわけです。

 

今度化膿して黄色の膿と出会うことがあった、マクロファージさんに感謝しておきましょう。

 

その助けをしているのがばい菌を直接やっつける抗生物質、炎症を強力に収めてくれるステロイド剤があります。

 

まあこの程度の症状であれば、放置しておいても問題はないですけど。 消毒だけで十分です。

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»