原因不明の咳

原因不明の咳

 

5年間も咳がでていて、どんな検査をしても原因不明、肺に少し影があるといわれるだけで、結局サルコイドーシスによる咳と言われた患者さん

 

血圧は正常、中性脂肪が高く、過去心臓に4本のステントが入ってる。 体温は36.2度と低い。

 

突然咳が止まったそう。

 

この話をきいて思い出したことがありました。 それは非結核性抗酸菌症の患者さんで年中抗生物質を飲んでいる人。

 

この方の体温は35.8度しかなく、どんな菌にでも感染してしまい、肺炎になってしまうのです。

 

体温が低くて免疫力が低下しているために起こっていることです。

 

現代の医療では低体温症を治療するこということはありません。 しかし現代の日本人は50年前は平熱が37度もあったのです。 現在では微熱と言われてしまいますが。

 

この方も平熱が低くて軽い肺炎になっていることで空咳がでていたのでしょう。 体調がよくなり、体温が上がって肺炎が治って咳が止まったのでしょう。

 

この患者さんには体を冷やさないように、お風呂を活用する、香辛料を使って体温をあげることを心掛けてくださいとしました。

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»