遅延性アレルギー

遅延性アレルギー

 

 

アレルギーというと急性のアレルギー、花粉症、湿疹、特にアナフィラキシーショックを思い浮かべるかもしれませんが、気が付かなくらい遅いアレルギーもあるんですよ。

 

それは小麦のグルテンです。現在グルテンフリーとかの商品も見るかと思いますが、そのグルテンです。

 

もともと小麦はそんな問題なんてなかったのですが、人類に都合がいい品種改良を重ねていく段階でどうも植物的に変異してしまったようです。

 

ではどんな症状なのかというと、アトピー性皮膚炎みたいな症状です。皮膚炎というのは毒素が体にたまっており、それを体外へ排泄しようしているのですね。 本来なら尿や糞便、汗などで体に都合が悪いものを出そうとするのですが、間に合わないのであのような皮膚炎になると私は信じています。 体は毒がたまっていて悲鳴を上げている状態です。

 

それとステロイドを塗って体の反応を抑えることばかりしていると、より毒がたまりさらにひどくなり、もっと強いステロイドを使う必要がでてきます。

 

これこそ今だけの対処療法です。 治療とは私は言いません。 治療というのは起こっている症状が何が原因なのかを見極めて対処していくことが治療と私は認識していますので。

 

アトピーの要因としては心理的な要因もありますので一概にはこれとはいえませんが、遅延性アレルギーは疑う価値はあります。 小麦由来のものは市場にはあふれていますので、2週間絶ってみるみると結果はすぐわかります。

 

パン、ラーメン、揚げ物などなど小麦を使ってそうな食品を絶ってみてください。もし遅延性アレルギーが原因で皮膚炎になっているのであれば、すぐ結果がわかります。 お金も時間もかかりませんので。 まあラーメン好きには相当きつい話ですが、試してみる価値はあるかもしれません。

 

現代医療では遅延性アレルギーは亡き者扱いをしています。 ステロイドを推奨していないドクターがいましたら、その方は本物です。 安易にステロイドを出すドクター、漫然とヒルドイドとステロイドをだす病院はちょっと考えた方がよろしいかと。

前の記事へ

«

次の記事へ

»