薄毛と体温の関連

薄毛と体温の関連

 

薄毛は様々原因があります。 老化、微小な血栓のための血流の悪化、ホルモン関連、歯周病などがありますが、なんと体温も影響するそうです。

 

体温は基礎体温、いわゆる平熱のことです。現在日本では体温は36.5℃くらいと認識されていますが、実は50年前の日本では平熱は37℃あったんです。 台湾の友人に平熱をきいてみたら、37℃でしょ?と返されました。

台湾は平熱は37℃が常識でした。

 

日本人はこの50年で0.5℃も平熱が低下しているのです。 50年かけて変化してきているのであまり気が付きませんよね。

 

まさに釜茹カエルのようです。 現在体温と免疫の関係というのは一般常識として認識されています。 体温が上がると免疫力もあがるということです。ですから、子供が発熱しても元気なら解熱剤の使用は避けるように指導されます。 

世間的には体温が1度があがると免疫力が30%上昇すると認識されています。

 

和多志が会った方は34.9℃で35度もない方でしたが、常に肺炎になっていて、抗生物質を飲み続けていました。 

 

しかし薄毛と体温の関連があるとはびっくりしました。 低体温の方は血流が悪く、栄養が行かない、老廃物が排泄されないということが起こることは容易に予想がつきます。

 

今一度申し上げますが、薄毛の原因としての低体温はあくまでも原因の一つであるので、誤解の内容にしてください。

 

では体温をあげるのにはどうしたらいいのか? 

 

冷たい飲料や食事をしない。 暖かいものしかとらないようにする。 できるだけ運動をする。歩くだけでも。お風呂にゆっくりつかる。 ミトコンドリアが増えるようなことをすることが必要です。

 

完璧な環境にいないことが一番です。 寒いときは寒いところにいて、暑いときは暑いところにいることが大切です。

これが一年中20℃の快適の環境にいるようにしているのが一番まずいと思います。

 

薄毛の心配がある人は体温もご注意ください。