脳脊髄液減少症(のうせきずいげんしょうしょう)

脳脊髄液減少症(のうせいずいげんしょうしょう)

 

脳と脊髄には髄液が流れております。脳で作られた髄液は脳を満たすだけではなく脊髄にも流れていきます。 

 

この髄液が減少したり漏れていたりすると様々な症状を引き起こします。 頭痛、めまい、吐き気、だるさなどの体調不良を引き起こします。

 

交通事故でむち打ち症になってしまい、ずっと頭痛が続くことがあります。 それは硬膜に穴が開いてることがあります。この穴から髄液が漏れてしまい、頭痛を引き起こします。

 

この療法は以前認められていませんでしたが、最近はプラッドパッチ療法があります。

 

また老化において脊髄から髄液が漏れてしまう場合があります。 ほぼこの場合は原因は不明とされてしまうでしょう。

 

病院で相談してもらい、プラットパッチ療法の可能性を聞いてみて、そんな療法は知らないといったら、その病院は行かない方がいいです。

 

これからはこちらが病院を選択する時代です。 全く勉強をしない病院は行かないでください。