何首烏エキス文献紹介 白髪改善

何首烏エキス文献紹介 白髪改善

 

何首烏と書いてかしゅうと読みます。

 

これは

 

Polygonum multiflorum Radix抽出物は、in vitroでの酸化ストレスからヒト包皮メラノサイトを保護し、exvivoで毛包の色素沈着を増強します

 

International journal of cosmetic science. 2017 Aug;39(4);419-425. doi: 10.1111/ics.12391.

 

目的:伝統的な漢方薬である何首烏からの抽出物が、メラノサイトの生存能力を酸化ストレスから保護する能力を調べること。これは、髪の白髪の開始と進行における重要なメカニズムです。

方法:P何首烏抽出物の抗酸化能を評価するために、初代ヒトツルドクダミ抽出物を、細胞内活性酸素種濃度とグルタチオンを使用して、培地に添加し、過酸化水素(H2 O2)に曝露した市販の何首烏抽出物で処理しました。エンドポイントとしてのタンパク質比。化粧品用途の溶解性を改善するために、新しい何首烏抽出物が得られました。髪の白髪は酸化ストレス環境でのメラノサイト消失の結果であるため、新しい何首烏抽出物の抗酸化能力が、H2 O2誘発酸化ストレスに応答してメラノサイトの生存率を維持し、exvivo(生体外)の人間の髪の毛の色素沈着を維持できるかどうかを確認しました。

結果:従来の利用可能な何首烏抽出物による初代ヒト包皮メラノサイトのinvitro処理は、H2 O2曝露に対する保護反応と一致して、グルタチオン対タンパク質比の同時保存を伴うH2O2曝露に応答した細胞内ROS蓄積の減少をもたらしました。メラノサイトを酸化ストレスから保護するためのこの抽出物の可能性を示しています。改良された何首烏抽出物で処理されたメラノサイトは、H2 O2によって誘導される細胞死の減弱を示し、明確な細胞保護効果を示しました。改良された何首烏抽出物によるexvivoのヒト毛包の処理は、ビヒクルで処理された対照と比較してより高いレベルのメラニンをもたらし、毛髪の色素沈着に対するexvivoの保護効果を示した。

結論:何首烏抽出物は、invitroで初代ヒト包皮メラノサイトをH2O2曝露の有害な影響から保護し、ex vivoでのヒト毛包内の色素沈着を改善し、メラノサイトを保護するための潜在的な有効成分としての何首烏抽出物の有用性を示します。早死。このデータは、従来の何首烏の使用に沿って、酸化ストレスによって誘発される髪の白髪を防ぐための戦略として何首烏抽出物を使用するための既存のインビボ研究と一致するインビトロの機構的証拠を提供します。

 

何首烏は白髪の特効薬と聞いていましたが試験していた人がいるんですね。びっくりしました。

 

何首烏は発毛、白髪対策のサプリメント素材として現在開発中です。 しばらくお待ちください。