コロナに効くかもしれないオウギエキス紹介

COVID-19に対する伝統的な漢方薬における腸内細菌叢の潜在的な役割。

 

面白そうな文献がありました。 これは日本では全く見かけることのない中医学の薬です。

海外ではTCMと呼ばれています。中国伝統薬という意味です。

成分名が書いてありました。 それは麻黄、カンゾウ、金銀花、柴胡、オウゴン、オウギです。この生薬らはコロナに対して腸内細菌叢に影響を与えてコロナに効果的であることが示唆されています。

 

The American journal of Chinese medicine. 2021 Apr 09;1-19. doi: 10.1142/S0192415X21500373.

 

コロナウイルス病2019(COVID-19)は世界中に広がり、人命を脅かしています。これまで特定の薬がなかったのは残念です。

伝統的な中国医学(TCM)と西洋医学の組み合わせが現在のようです。中国におけるCOVID-19患者の効果的な治療戦略。このレビューでは、主にCOVID-19と腸内微生物叢(GM)の関係、およびCOVIDの治療におけるGMに対する西洋薬と組み合わせたTCMの影響の可能性について説明しました。 -19人の患者、COVID-19に対するTCMにおけるGMの可能な役割の参照を提供することを目的としています。

 

入手可能なデータは、GMの異生物症がCOVID-19患者で発生し、GMの介入がCOVID-19の臨床状態を改善する可能性があることを示唆しています。さらに、TCM(Jinhua Qinggan顆粒、Lianhua Qingwenカプセル、Qingfei Paiduデコクション、Shufeng Jieduカプセル、Qingjin Jianghuoデコクション、Toujie Quwen顆粒、MaxingShiganなど)が証明されています。 

 

中国の診療所でのCOVID-19の治療に安全かつ効果的である。その中で、麻黄(Ephedra sinica)、甘草(Glycyrrhiza uralensis)、柴胡(Bupleurum chinense)、金銀花(Lonicera japonica)、オウゴン(Scutellaria baicalensi)、およびオウギ(Astragalus membranaceus)は一般的なハーブであり、GM、免疫、特に、Qingfei Paidu(清肺毒湯)とMaxingShiganはGMを調節することが実証されています。最後に、GMを介したCOVID-19のTCM治療の仮説が提案されており、より多くの臨床試験と基本的な実験が必要です。この仮説を確認するために開始されました。