オリーブ葉エキスは、ウィスターラットの老化に関連する血管および代謝の変化を改善します

オリーブ葉抽出物は、ウィスターラットの老化に関連する血管および代謝の変化を改善します。

 

先月の論文です。血管を若返らせますね オリーブ葉エキスは。抗炎症作用は以前から知っていましたが、COX2阻害作用があるなら整形外科でよく使われているセレコックスと同じ作用ですね。 強弱は別として。

 

 

 

Scientific reports. 2021 Apr 14;11(1);8188. doi: 10.1038/s41598-021-87628-7.

 

オリーブの葉には、抗炎症、抗酸化、インスリン感作、降圧効果を発揮する生理活性物質が豊富に含まれています。この研究の目的は、セコイリドイドとフェノール化合物が豊富なオリーブ葉エキス(OLE)が加齢による代謝および血管の変化ラットの3つの実験グループを使用しました

 

:3か月齢のラット、24か月齢のラット、および21日間OLE(100 mg / kg)を補充した24か月齢のラット。老齢ラットへのOLEは、副腎の重量を減少させ、加齢による体重と筋肉量の減少を防ぎました。

 

血清中のOLEは、LDLコレステロールとIL-6の循環レベルを低下させ、レプチンとアジポネクチンの濃度を上昇させました。

 

肝臓では、オリーブ葉エキスはSOD-1、GSR、GCK、GSK-3βの遺伝子発現の低下を抑制し、NOX-4、Alox-5、iNOS、TNF-αの加齢による過剰発現を抑制しました。

(つまり抗酸化作用の効果の低下を防ぎ、活性酸素の抑制に動いていたの意)

 

大動脈セグメントでは、OLEは内皮を予防しました。機能不全と血管KClおよびNAに応答したインスリン抵抗性および血管収縮の改善血管機能の改善は、COX-2、IL-6、GPx、NOX-1およびIL-10の遺伝子発現の変化の減弱と関連していた。結論として、OLEは老化したラットに抗炎症作用と抗酸化作用を発揮し、老化に伴う血管機能の変化を軽減します。

 

 

レプチン: 脂肪細胞によって作り出され、強力な飽食シグナルを伝達し、交感神経活動亢進によるエネルギー消費増大をもたらし、肥満の抑制や体重増加の制御の役割を果たす16kDaのペプチドホルモンであり、食欲と代謝の調節を行います。

 

アディポネクチン:働き・健康効果 #血管の修復 血管の修復→血流を改善する→ 動脈硬化 の予防・改善

中性脂肪 の減少 糖尿病 の予防 インスリン感受性を高める→血糖値を下げる→糖尿病の予防・改善

メタボリックシンドローム の改善 高血圧 の予防 血管を拡張する→血流を改善する→高血圧の予防・改善