オリーブ葉抽出物と浮草抽出物の組み合わせは、1-クロロ-2,4-ジニトロベンゼン誘発マウスモデルの免疫バランスと皮膚バリア機能を調節する…

オリーブ葉抽出物と浮草抽出物の組み合わせは、1-クロロ-2,4-ジニトロベンゼン誘発マウスモデルの免疫バランスと皮膚バリア機能を調節することにより、アトピー性皮膚炎を軽減します

Phytomedicine : international journal of phytotherapy and phytopharmacology. 2021 Feb;82;153407. pii: S0944-7113(20)30238-5.

 

 

 

背景:アトピー性皮膚炎は、人間の慢性炎​​症性皮膚疾患です。 オリーブ葉抽出物と浮草抽出物は皮膚の損傷から保護するために使用されてきましたが、アトピー性皮膚炎に対するそれらの併用投与の効果はまだ研究されていません。

 

目的:この研究では、アトピー性皮膚炎の進行に対するオリーブ葉抽出物と浮草抽出物の組み合わせの潜在的な治療効果と、1-クロロ-2,4-ジニトロベンゼン(DNCB)で治療したNC / Ngaマウスにおけるこれらの効果の根底にある考えられるメカニズムを評価しました。

 

 方法:アトピー性皮膚炎は、オリーブオイル:アセトン溶液(1:3)で調製した0.2%w / v DNCBの局所塗布によって誘発され、その後、オリーブ葉抽出物、浮草抽出物、およびオリーブ葉抽出物 + 浮草抽出物が5週間経口投与されました。アトピー性皮膚炎の症状、血清IgEレベル、および背部皮膚と脾細胞におけるサイトカインと遺伝子の発現レベルを測定し、組織学的および免疫細胞のサブタイプ分析を行いました。皮膚バリア関連タンパク質(フィラグリン、サーチュイン1、クローディン1)の発現も評価されました。

 

結果:オリーブ葉抽出物 + 浮草抽出物の組み合わせは、皮膚炎スコアを含むアトピー性皮膚炎の症状を大幅に改善し、DNCB誘発性アトピー性皮膚炎のマウスの表皮の厚さとさまざまな炎症細胞の浸潤を減少させました。また、CD4 +、CD8 +、およびCD4 + / CD69 + T細胞の数を大幅に減らしました。

腋窩リンパ節の免疫グロブリンE産生B細胞(CD23 + / B220 +)。皮膚のCD3 + T細胞好酸球(ケモカイン-ケモカイン受容体3 + / CD11b +);およびCD3 + T細胞、免疫グロブリンE産生B細胞(CD23 + / B220 +)、および末梢血単核細胞の好酸球。さらに、実験的な組み合わせは、血清免疫グロブリンEとヒスタミン、Th2を介したサイトカイン、インターロイキン-4、-5、-13のレベルを低下させましたが、脾細胞ではTh1を介したサイトカインインターフェロン-γのレベルを上昇させました。

さらに、この調製物は、皮膚バリア関連タンパク質であるフィラググリン、サーチュイン1、およびクローディン1の発現を有意に回復させ、炎症性サイトカインであるインターロイキン-6およびケモカイン-ケモカイン受容体3、ならびに掻痒関連サイトカインの発現も減少させた。アトピー性皮膚炎の皮膚病変におけるインターロイキン-31およびインターロイキン-31受容体。

 

結論:まとめると、我々の発見は、オリーブ葉抽出物と浮草抽出物の組み合わせの投与が免疫バランスと皮膚バリア機能を調節することによってアトピー性皮膚炎の症状を軽減することができ、アトピー性皮膚炎の治療のための効果的な治療オプションであるかもしれないことを示しています。

 

浮草のエキスを作っている会社は日本にはありませんので組み合わせることは難しいですが、オリーブ葉エキスだけでも抗アレルギー作用がありますし、アトピーにも効くでしょう。