発毛成分テトラヒドロスチルベングリコシドの文献紹介

発毛成分テトラヒドロスチルベングリコシドの文献紹介

 

ヘアロックの成分であるつるどくだみエキスの有効成分の文献紹介します。

 

テトラヒドロキシスチルベングルコシドは、アポトーシスによる脱毛を効果的に防ぎます

BioMed research international. 2018;2018;1380146. doi: 10.1155/2018/1380146.

 

脱毛に対する何首烏(Polygonummultiflorum)の効果は広く認識されています。 2,3,5,4′-テトラヒドロキシスチルベン-2-O-β-D-グルコシド(TSG)は何首烏(Polygonummultiflorum)の主成分です。 ただし、髪の再生におけるその役割は確立されていません。 2,3,5,4′-テトラヒドロキシスチルベン-2-O-β-D-グルコシド(TSG)の発毛促進活性を評価するために、脱毛したC57BL / 6Jマウスを通常の生理食塩水、2,3,5,4′-テトラヒドロキシスチルベン-2-O-β-D-グルコシド(TSG)、ピフィスリン、ミノキシジルで2週間局所処理しました。 この研究では、ウエスタンブロット分析により、p53、カスパーゼ-3、アクティブカスパーゼ-3、およびカスパーゼ-9が脱毛したヒトおよびマウスの皮膚で明らかにアップレギュレートされていることを確認しました。2,3,5,4′-テトラヒドロキシスチルベン-2-O-β-D-グルコシド(TSG で治療された脱毛マウスは、著しく発毛した。 TUNEL +細胞は、2,3,5,4′-テトラヒドロキシスチルベン-2-O-β-D-グルコシド(TSG)のマウスでも減少しました。 これらの変化は、Fasp53BaxActive Caspase-3、およびProcaspase-9の活性の阻害を伴いました。 これらの結果は、2,3,5,4′-テトラヒドロキシスチルベン-2-O-β-D-グルコシド(TSG)が脱毛に対して大きな育毛効果を発揮することを示しています。これはおそらくp53Fas、およびBaxによって誘導されるアポトーシスの阻害によって媒介されたものです。