文献情報 テトラヒドロスチルベングリコシドはミクログリアの活性化阻害作用により神経炎症を軽減する

文献情報 テトラヒドロスチルベングリコシドはミクログリアの活性化阻害作用により神経炎症を軽減する

 

Vol.2013 No4 Page ARTICLE ID 680545,1-8(2013)

 

神経炎症は神経疾患の病因と緊密に関係している。神経炎症の特徴はミクログリアの活性化である。活性化の際にミクログリアは様々な炎症誘発因子を産生することができ、これらの因子の蓄積は申請損傷に寄与している。したがってミクログリアが媒介する神経sン勝の阻害は神経疎外の治療を可能性を有している。何首烏から抽出された活性成分であるテトラヒドロスチルベングリコシドは抗酸化、フリーラジカル除去、抗炎症、高脂肪血症、および心臓保護作用効果を含み非常に多くの薬理学的な特性を有して人の健康に有効であると報告されている。しかしミクログリアが誘導する神経炎症に対するテトラヒドロスチルベングリコシドの神経保護作用は知られていない。今回の研究ではミクログリアBV2細胞系を用いてテトラヒドロスチルベングリコシドの抗神経炎症効果を調べた。さらにテトラヒドロスチルベングリコシドはLPSの誘導するミクログリアからのTHFα、IL-1βおよびNOなどの炎症誘発因子の有利を減少することが示された。さらにテトラヒドロスチルベングリコシドはLPSの誘導するNADPHオキシダーゼ活性化とそれに続く活性酸素種産生を衰退させた。さらにある研究はテトラヒドロスチルベングリコシドはLPSの誘導するNF-kBシグナル伝達経路の活性を阻害することを示した。またテトラヒドロスチルベングリコシドはミクログリアの媒介する神経炎症に対し神経を保護したのでテトラヒドロスチルベングリコシドが神経障害の処置で有望な有効性を示すことが示唆された。

 

これは何をいっているのかというと、リリカのような作用が期待できると言うものです。 ミクログリアの活性は炎症のおおもとのような細胞であり、ここを抑えてしまえば炎症が抑えられるといわれています。 うつ病、認知症は脳の炎症ではないかとという説もあります。 またLPSの炎症を抑えて、マクロファージ活性は抑えないのでしょう。 ここが不老不死の生薬と言われれるゆえんかもしれないですね。

 

まだまだ人体の機能ついてはわからないことばかりです。