妊活に効く! ムクナの種子抽出物は、慢性ストレスによって誘発されたラットの雄の生殖障害を軽減しました

妊活に効く! ムクナの種子抽出物は、慢性ストレスによって誘発されたラットの雄の生殖障害を軽減しました

Pharmaceutical biology. 2022 Dec;60(1);374-383. doi: 10.1080/13880209.2022.2034896.

 

 

目的:この研究では、慢性ストレス(CS)下での生殖障害に対するTMP種子抽出物の保護特性を調査します。

 

材料と方法:オスのSprague-Dawleyラットを4つのグループに分けました。対照群とCS群は蒸留水を投与されたが、前処理されたラットは150および300 mg / kgBWの水性TMP種子抽出物を20日間投与された後、CS誘導(固定化および強制水泳)による81日間の同時処理が行われた。 。血清は、コルチゾールとテストステロンのレベルを決定するために使用されました。精巣および精巣上体の組織学は、アンドロゲン受容体(AR)の局在で観察されました。精子パラメーターとステロイド産生急性調節(StAR)、シトクロムP450ファミリー11サブファミリーメンバー1(CYP11A1)、AR、HSP70、カスパーゼ(3および9)、およびチロシンリン酸化(TyrPho)タンパク質の発現を調べました。

結果:TMP抽出物はコルチゾールレベル(0.84±0.02 µg / dL)を改善し、生殖組織および精子パラメーター(カウント[49.78±374万精子/ mL]、生存率[90.01±1.17%]および早熟先体反応[ 1.38±0.48%])。精巣StAR、CYP11A1、ARおよびHSP70タンパク質の発現が改善されました。カスパーゼの発現は、治療を受けたラットで減少しました。 TMPはCS精子のAR発現を増加させました。さらに、TyrPhoタンパク質の発現はTMP投与後に修正されました。

結論:TMPシードは、機能的に精巣マーカーの改善とアポトーシスタンパク質の減少を介して、CSの有害な生殖パラメーターから保護されました。 CSによって引き起こされる男性の不妊症の治療における代替医療としてTMP豆を開発することは可能です。

 

日本人男性にはこの慢性ストレスにさらされている人が多い気がする。 会社でも家庭でも大変。 ぜひムクナ豆を摂取してください。 ストレス性のEDには有効のようです。