ストレプゾトシン誘発高血糖マウスにおける糖尿病誘発骨粗鬆症に対して保護されたテトラヒドロキシスチルベングリコシド

ストレプゾトシン誘発高血糖マウスにおける糖尿病誘発骨粗鬆症に対して保護されたテトラヒドロキシスチルベングリコシド

 

何首烏成分のテトラヒドロスチルベングリコシドの文献です。 

 

phytotherapy research Vol.33 No.2 page442-451(2019)

 

薬用ハーブ何首烏からの活性成分であるテトラヒドロスチルベングリコシド(TSG)は糖尿病性骨粗鬆症の発生において重要な役割を果たす組織レニンーアンギオテンシン系(RAS)の活性をブロックすることができた。 本研究はTSG療法がストレプゾトシンにより誘導された糖如秒マウスモデルにおける骨劣化を軽減できるかどうかを決定するを目的とした。 糖尿病マウスは非糖尿病マススのそれらと比較して、大腿骨の遠位骨幹端における酒石酸耐性酸性ホスファターゼ(TRAP)陽性破骨細胞の量を有意に増加させ、骨梁の生物学的パラメータを改善し、RUNX-2,COL-I、およびOCNのmRNA発現の増加およびレニンおよびAT1Rを含むRAS成分の蛋白発現のダウンレギュレーションを伴った。 加えてTSGはOPG/RANKL発現の比率の糖細胞で見られた。 まとめると本研究は糖尿病マウスにおけるTSGの骨保護効果を示し

その基礎となる機構は骨形成と破骨細胞形成に対するその調節に起因する可能性がある。