テトラヒドロキシスチルベングリコシドはPI3K/Akt経路を介してMC3T3-E1細胞における増殖、分化およびOPG/RANKL/MーCSF発現を調整する

テトラヒドロキシスチルベングリコシドはPI3K/Akt経路を介してMC3T3-E1細胞における増殖、分化およびOPG/RANKL/MーCSF発現を調整する

 

Molecules Vol.23 No9 page 2306(2018)

 

テトラヒドロキシスチルベングリコシドは骨強化ハーブ(何首烏)のユニークな成分である。それは骨形成を促進し、骨芽細胞を保護する能力を有する。 しかしながら、基礎となる機構は不明のままである。その生物学的機能をよりよく理解するためにMTTアッセイ、フローサイトメトリー、FQ-PCRウェスタンブロット法およびELISAによりマウス前骨芽細胞MC3T3ーE1細胞に対するテトラヒドロキシスチルベングリコシド効果を測定した。結果はテトラヒドロキシスチルベングリコシドがMC3T3ーE1細胞数の上昇、S期の細胞の数、およびラロゲリン(OGP)mRNAレベルはアップレギュレーションされたが、核因子Bリガンド(RANKL)とマクロファージコロニー刺激因子(M-CFS)mRNAレベルはテトラヒドロキシスチルベングリコシドによりダウンレギュレーションされた。さらにテトラヒドロキシスチルベングリコシドはホスホイノシチドー3-キナーゼ/蛋白質キナーゼB(PI3K/Akt)経路を活性化し、阻害剤LY-294002によるこの経路の遮断は。MC3T3-E1細胞に関連してテトラヒドロキシスチルベングリコシドは機能を損なうことができた。結論として、テトラヒドロキシスチルベングリコシドはPI3K/Akt経路を活性化し、MC3T3-E1細胞増殖と分化を促進し、OPG/RANKLL/M-CFS発現に影響を及ぼす。テトラヒドロキシスチルベングリコシドは骨粗鬆症治療のための潜在的治療薬としてのsらなる研究に役立つ。