ビワ

ビワ

 

、学名: Eriobotrya japonica バラ科 日本ではおなじみの果物です。 ビワの実は食べますが、葉は灸で使ったりしています。

 

 

 

      ビワ

ビワ

撮影地 京都府宮津市

 

食用 果実 種(コーヒー)

 

薬用 このビワは極東で最も人気のある咳止め薬の一つです。葉は鎮痛、抗菌、抗薬、抗酸、抗ウイルス、収斂剤です。葉や若い芽の煎じは、腸の収斂剤として、またツグミの場合や気管支炎、咳、発熱性風邪などの治療でマウスウォッシュとして使用されます。葉は必要に応じて収穫され、新鮮なまたは乾燥して使用することができます。果実はわずかに収斂性があり鎮静作用があります。

 

花言葉 温和 治癒 あなたに打ち明ける 内気 ひそかな告白 静かな思い

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»