西洋ニワトコ

西洋ニワトコ

 

西洋ニワトコ(西洋接骨木) 

学名:Sombucus nigra  レンブクソウ科

 

英語ではエルダーフラワーといいます。 

 

6月から7月に白い花をつけて、秋に黒い実をつけます。

 

   西洋ニワトコ

西洋ニワトコ

 

 

食用部位 花 果実 ジャムやワインに使用されます 

 

薬用では相当利用されています。

 

薬草として非常に長い歴史を持ってます。花は現代のハーブで使用される主要な部分ですが、ほかの部分も使用されています。

 

内側の若い樹皮は利尿薬であり、強力な浄化剤であり、便秘や関節炎の治療に使用されます。葉は、糖尿病性、利尿薬、発声剤であり、果汁は、炎症を起こした眼に対して良い治療法であると言われています。

 

葉から作られた軟膏は、皮膚軟化剤であり、打撲傷、捻挫、創傷などの治療に使用されます。生花は「エルダーフラワーウォーター」の蒸留に使用されています。主に眼や肌のローション用として使用されています。

 

乾燥した花は、糖尿病、利尿剤として利用されます。 また花は痛みを和らげ、炎症を和らげるために湿布に使用されます。

 

果実は、脱純性、弱い糖尿病、穏やかに下剤として利用されます。

乾燥した果実から作られたお茶は、疝痛と下痢のための良い治療法であると言われています。

果実はワインや保存物等の製造に広く使用されており、これらは果物の薬効を保持すると言われています。

 

根はもはや漢方薬では使用されていませんが、以前は薬と薬として高い評価を得ていました。

ホメオパシーの治療法は、若い枝の新鮮な内側の樹皮から作られています。

 

それは喘息症状を和らげます。漢方薬の治療ガイドであるドイツ委員会Eモノグラフは、咳や気管支炎、発熱、風邪を承認しています。

 

いやーすごい効能です。 風邪、喘息、糖尿病、利尿薬、ケガ。 てんこ盛りです。

 

ちなみにニワトコというのは中国にもありまして「接骨木」といいます。

効能は鎮痛、打撲、骨折、関節痛、むくみなどです。漢字の通り骨折したときに飲んだのでしょうね。

 

花言葉 慈悲、恩恵、苦しみを癒す人  何かとても高尚ですねえ

 

撮影地 知多郡阿久比町

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»