ヤブラン

ヤブラン

 

学名 Liriope muscari  ジカクシ科  中国では禾葉土麦冬(かようばくどう)と呼ばれています。

この植物は都会でよく見られます。 街路地にたくさん植えられています。 使い勝手がいいのでしょう。

 

この仲間として、ジャノヒゲ、リュウノヒゲがあります。 ジャノヒゲの根っこは麦門冬として、天然ステロイドを含み、咳止め、抗炎症薬として応用されます。

 

ヤブラン

 

食用 根っこ おいしいのかな?

 

薬用 抗炎症作用、去痰、抗アレルギー、媚薬  

 

 

花言葉 忍耐 隠された心 謙遜、無邪気な

 

撮影地 石川県羽咋市

前の記事へ

«

次の記事へ

»