スベリヒユ

スベリヒユ

 

学名 Portulaca oleracea  スベリヒユ科 インド原産

 

日本ではほぼ雑草扱いですが、地域によっては食用にしています。 この野草が食えるというのは全く知りませんでした。

 

スベリヒユ

 

食用  食えます ω3脂肪酸をなぜか大量に含んでいます。 すごいですね。 カリウムも半端いです。なかでもグルタチオンを含んでいるのは注目すべきことです。 グルタチオンは医薬品成分であり、専ら医薬品成分です。 業界では酵母にグルタチオンを食べさせてグルタチオン酵母として使用しているほどです。 そんなグルタチオンがスベリヒユに入っているとは。野草版スーパーフードです。 それに野生ですから栄養分は半端ないと思います。 

 調理方法もネットにたくさん載っていますので、散歩がてらスベリヒユを摘んで調理してみてください。

 

薬用 利尿作用 消炎作用 抗菌作用 解毒作用 (むくみ、胃腸炎、皮膚炎 尿路感染症、膀胱炎に効果があると思われます) 中医学では馬歯莧(ばしけん)といい治療にも使用しています。 成分から見ると、高血圧、美白、脂質低下作用があります。 これだけの効能を持っている植物を野草というのは気が引けます。 これは薬草です。

 

花言葉 いつも元気   確かにスベリヒユを食べていたらいつも元気になりますよ

 

撮影地 愛知県知多郡阿久比町

前の記事へ

«

次の記事へ

»