ナンキンハゼ

ナンキンハゼ

 

 学名 Triadica sebifera   トウダイクサ科の植物 原産国 中国 外来種です。

 

 そこら中に生えています。街路地に植えられていることも多いですが、鳥が食べて、糞をするのでそれでそこら中に増えています。  

 

ナンキンハゼ

 

食用 日本では応用されていませんが、海外では種子油はラードの代用として使われています。

 

 

薬用 葉や根は収斂,利尿,緩下作用があります。水腫,便秘、皮膚病などの治療に煎じ薬を用いる

   葉は特に腫れ物の治療に有用である。種子は解毒、催吐、利水、瀉下作用があります。

   根皮は利尿作用があり、蛇に噛まれたときや皮膚潰瘍の治療に用いられます。

   以上の効能がありますが、日本ではまったく利用されておりません。残念。

 

その他の応用 江戸時代にろうそくの原料として渡来して、和ろうそくに使用されていました。 

       秋に実がなったらろうそく作ってみようかな♪

 

花言葉  真心 心が通じる  なんという心温まる花言葉でしょう

 

 

撮影地 愛知県知多郡阿久比町

前の記事へ

«

次の記事へ

»