エキス紹介 松葉エキス(国産シリーズ)

松葉エキス

 

松葉エキス 赤松の葉から作っています。 松には黒松、赤松とあり、樹皮の色でわかります。

 

このかわばたさんの松葉エキスは藤田保健衛生大学と組んで研究していますが、血管年齢を若返させることができます。

血管は年齢が過ぎると固くなってきて、弾力がなくなります。 そして血圧が高くなってきます。

 

一般的には病気がなければ、年齢+90までは大丈夫です。

 

例えば50歳の方であれば、90を足して、140までは大丈夫ということです。

 

問題は下の値です。 血管が固くなってくると、通常50以上ある上と下の差が30とかになってきます。

 

例えば150/120とか。 また一般的には下の血圧が100を超えてくると、動脈硬化まっしぐらとなります。

 

脂っこいものが好きで、中性脂肪が高い、糖尿病、高血圧で50歳をこえていると要注意です。

 

松葉エキスはこのような生活習慣の方にはぴったりです。 傷んだ血管を治してくれます。

 

文献では以下の文献がお役に立つと思います。

 

乾燥したマツ葉から得られた水抽出物のinvitro抗酸化活性の評価。

Preventive nutrition and food science. 2018 Jun;23(2);134-143. doi: 10.3746/pnf.2018.23.2.134.

 

乾燥松葉から得られた水抽出物の抗酸化活性を、0、4、20、100、500、1,000、および1,200ppmで測定し、ブチル化ヒドロキシアニゾール、ブチル化ヒドロキシアニルオール、ブチル化ヒドロキシオール、テルチルホドロキノン、フェノール化合物と比較して、フェノール酸と α比較した。

 

 この活性は、1,1-ジフェニル-2-ピクリルヒドラジルラジカルおよび過酸化水素を清掃する能力、還元力、及び、フェロンチオシアネート法およびチオバルビトリック酸法を用いたリノール酸系における過酸化脂質の阻害能力として決定した。松葉水抽出物は、上記と同じパラメータで濃度依存モードで抗酸化活性を示し、1,000ppmで有意差(P<0.05)を認めた。非細胞系における強力な抗酸化物質としての松葉抽出物の保護活性を、2つのアッセイにおいて150.67μg/mLのフェノール類の保護活性と比較した。松葉抽出物は、生物学的系における市販のフェノール化合物に匹敵する強力な力を示した。これらの結果は、松葉抽出物の保護活性が、非細胞系および細胞系の両方で抗酸化剤の強力な作用をする天然のフェノール化合物の存在に起因する可能性があることを示した。

 

松葉エキスは強力な還元作用があります。