四恩(しおん)

四恩(しおん)

 

日本人は以前から大切にしてきたものがありました。

 

両親への恩

これはもっとも身近な恩です。 両親がいなかったらこの世には誕生していませんから。

 

一切衆生の恩

直接、間接的にお世話になっている方々への恩。 ご近所さん、会社関係、皆さんがかかわって、石鹸1個でも、ラーメン1杯でもすごい人達がかかわっています。普段あまり意識しませんが。

 

国家、社会の恩

ここまでくるとあまり直接的には感じませんが、国が保つためににはまたまた多くの方が一生懸命に働いています。その方々への恩。 食料、インフラ、教育は国の恩です。 この3つのうち1つでもかければ、国家は崩壊します。 

 

天地の恩

これはもやは神の世界。まったく意識できない世界です。地球、宇宙レベルの恩です。 地球がどうして自転しているのか? どうして太陽があるのかなどなど、宇宙には偶然では計り知れない奇跡があります。 その軌跡の中で地球が存在し、草木、動物、人類などの生き物が存在しているのです。

 

 

私たちはこのような素晴らしい世界で生活できているのですね。 感謝しかありません。