スイカの学術的論文

スイカの学術的論文

 

日本人なら夏の風物詩としてのスイカ。 何気なく普段食べているスイカに、スイスでこんな研究がされているんですねえ。スイスでは寒くてできないと思うけど。 

日本の医食同源は本当に進んでいると思います。

 

スイカの多様な栄養補助食品の可能性-医薬品として価値のある植物化学物質を含む適度な果物

スイカ(シトルラスラントゥス)は、ウリ科に属する重要な園芸作物です。スイカの栄養補助食品の可能性は、機能的な食品のより良い選択作る、いくつかの研究者によって示されています。スイカは、心血管疾患、老化関連疾患、肥満、糖尿病、潰瘍、および様々なタイプの癌などの様々な病気を治療するために使用されています。スイカの薬効は、リコピン、シトルリン、その他のポリフェノール化合物などの医薬品値を有する重要な植物化学物質の存在に起因する。スイカは、タンパク質合成に必要な必須アミノ酸であるl-アルギニンの前駆体である中性アルファアミノ酸であるl-シトルリンの重要な供給源として機能します。l-シトルリンとリコピンの補充は、インビトロとinvivoで多数の健康上の利点を表示.同様に、 スイカの食事摂取は体重管理のための人間の機能性食品として証明された利点があります。.果実とは別に、種子から調製された抽出物、芽、および葉も薬効を証明した。本レビューは、様々な病気の治療のためのスイカの利点の包括的な概要を提供します。

 

引用元:Molecules (Basel, Switzerland). 2020 Nov 11;25(22); pii: E5258.

前の記事へ

«

次の記事へ

»