ダッタンソバ

ダッタンソバ

 

東京神田駅近くのそば屋さん。 なぜか宇宙人が出迎えてくれる。

 

ダッタンソバがたべれるめずらしいお蕎麦屋さんです。

 

おお!ダッタンソバじゃねーか

 

それも10割そばなんてすごいなと思い、入ってしまいました。

 

 

だったんそば

もう腰がすごくて、すごいのど越しでした。 そんなに苦くはなかったです。

 

 

そばはそばでも、韃靼(だったん)と漢字では書きますが、もともとタタールが中国経由で伝わり韃靼となったそうです。

タルタルソースとかのタルタル、もののけ姫のタタラ場のタタラとかも、タタールからきていたのかな? 日本人でもたたらさんとかも、タタール人だったりして。夢が広がるねえ。

まあ夢はさておき、

 

このダッタンソバは日本ではニガソバといいます。

ダッタンソバ(韃靼蕎麦、学名:Fagopyrum tataricum)は、

独特な強い苦みがあります。 苦みの元はルチンです。 ふつうのそばは100gあたり、19mgの含有量ですが、にがそばはなんと1900mgとなります。驚異的な含有量です。

 

中国ではこのダッタンソバは食品というより、サプリメントとして応用されています。

 

ではそのルチンというのはなんなんでしょうか?

 

       ルチン

ルチン

 

 

ルチンとはポリフェノールの仲間で血管を強化したり、老化を防いだりしてくれます。 

関節炎、糖尿病、血流改善作用と多岐にわたります。

 

高血圧、動脈硬化、肩こり、冷え性の循環の改善が相当期待できます。

肩こりや冷えで困っている人は試す価値ありですね。

 

一日量はルチンとして30mgですから、韃靼そばなら160g相当です。

 

普通のそばなら、この100倍ですから、16000g=16kgに相当します。

 

毎日16kgのそばなんて食えるか!となります。 

 

韃靼そばってすごいですねえ。

 

 

このお店の名前は「穂のか」さんです。