メラビアンの法則

メラビアンの法則

 

矛盾したメッセージについてどのように受け止めるかをアルバートメラビアンさんが行った実験が根拠でこう呼ばれています。

 

この法則はカウンセリング、コーチングのコミュニケーション業界では知らない人はいないくらい有名な法則です。 その業界で知らないといったらモグリだと思ってもらって結構です。(笑)

 

バーバル(言語)とノンバーバル(非言語)の伝わりかたの説明でよく登場し、いかに顔の表情、身振り手振りが言葉よりよく伝わるということが言いたいのです。

 

言語情報はわずか7%、聴覚情報(怒っているとか悲しんでいる)が38%、見た目の視覚情報が55%だそうです。 

 

であれば言葉が通じなくても93%は話が通じてしまうではないかと。 こんなことはあり得ませんね。

 

まあ私はこの数字に関してはやや疑問は感じますが、ノンバーバルがコミュニケーションでは大変重要であることは私は感じています。 さらにいうとその場の雰囲気も伝わってくるものがあるかと思います。

 

この法則は、言語(Varbal)、聴覚(Vocal)、視覚(Visual)から3Vの法則ともいわれているそうです。

 

話が通じない人にはメラビアンの法則を存分に使ってコミュニケーションしてみたらどうでしょう。