自然(じねん)

自然(じねん)

 

この意味は「おのずからしからむ」、あるがままのことを意味ます。 英語ではnatureが自然と訳されますが、このじねんはnatureとはちょっと意味が異なります。

 

これはアジアには共通の概念かもしれませんが、じねんというのは、人間もその一部であり、同等に扱っていたと思うわけです。日本は特に神様だらけです。 神社仏閣もそこら中にあり、常にお参りしたり、日の出に感謝、満月を敬い、山の神様、木の神様、川の神様、火の神様 風の神様、トイレの神様、もうすごい神様です。 常にお祈りしたり、感謝したりしてます。 私はこの神様こそじねんの根幹ではないかと思うわけです。

 

人間のコントロールできない地震、雷、火事、おやじ(おやじはコントロールできるか)物事に対して恐れおののき、お祀りをしたり社をつくり感謝したりしてのではないかと。 決してこういったことをコントロールしようとせず、受け入れて共存していくことを選択していたのがアジアの民族ではないかと思うわけです。

 

 

私はこのじねんという概念は地球と共存共栄していくための概念ではないかと思います。