新時代の到来?

新時代の到来?

 

今地球はとんでもない変化の時に来ていると思います。 それはエネルギー革命ではないかと。

 

今までエネルギーは木を燃やして、お湯を沸かして、タービンを回し、電気を作っていました、次は木炭、次は石炭となりました。

 

石炭は様々な炭鉱が日本にもあり、軍艦島もそうですね。 石油が登場するまでは貴重なエネルギー源でした。

 

石油が登場してくると環境のこともあり世界の炭鉱が閉鎖されていきました。

 

エネルギー源がどんどん変わり、今は原子力となっています。風力、水力もありますが。 

 

しかしよく考えてください。 何を動力にするかの違いだけでタービンを回し発電していることは変わりがないのです。 

 

私はこの部分で革命がおこるのではないかと思います。 タービンを使わない発電方法です。 実はニコラ・テスラさんという天才物理学者が150年前に開発したもので、なんと空気から発電する技術があるのです。 小さなものは静電気で、下敷きを頭にこすりつけて髪の毛を張り付かせて遊んだやつです。

大きなものは雷です。雷はいつどこで起こるかわからないし、すごい電圧です。

この中間の発電する技術で、見事にコントロールできるのです。

これが地球に浸透すれば、炭鉱が閉鎖されたように油田が閉鎖されることになるでしょう。そうなると産油国は大変なことになるかと思います。

 

現在原油の価格から世界の価格が決まってきているので、産出量を調整しながら価格が下落しないようにしているわけです。

 

もう一つは反重力です。

この技術も150年前に開発されていました。 この技術がでてくると困る人がたくさんいるから、葬り去られていました。

この技術は物の重さをコントロールできるので、マイナスの重さになります。つまり浮くということです。

これがあればどんな重いものでも、やすやすと運ぶことができます。1トンでも10トンでも指一本で運べます。

 

私はドラえもんのタケコプターは反重力タケコプターではなかと疑っています。

もしそうなら、満員電車や車や飛行機なんて不要になるでしょう。空飛ぶ車なんて当たり前ですね。いずれ空飛ぶマイカーで簡単に海外へも行けるようなると面白いですねえ。

 

このような夢のような世界がもうすぐそこまで来ていると思うと、わくわくしますね。 生きるためのコストはうんと安くなりますし、もっともっと自由に往来ができるようになればいいなと思います。

 

いやいやすごい時代に生まれてきたものです。 楽しみです。

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»