発毛サプリメント ヘアロック 解説1

発毛サプリメント ヘアロック 解説1

 

2年かかったけど、ようやくできた発毛サプリメント。

 

育毛マーケットは4000億円を超えています。医薬品、医薬部外品、シャンプー、かつら、ウィッグ、植毛とたくさんのサービスがあります。 しかし内服の発毛サプリメントはほぼありませんので開発しました。

 

またミノキシジル製剤は発毛しているように思えないし、医療用医薬品はEDになってしまうし、本当に効果のあるものはあるのかなと。 自分で本当に効果のある商材を開発できないだろうかとずっと思っていました。

 

世界では有名な発毛剤「何首烏」を使用して処方を組むことを考えました。

 

何首烏とは何か?

 

何首烏(かしゅう)といいます。 名前の由来は何さんが飲んだら、首から上が烏のような色になった。といういわれからついた名前です。 発毛して白髪が改善したのでしょう。

 

何首烏の成分テトラヒドロキシスチルベングリコシド(THG)が有名ですが、日本ではまったく感知されていません。 このTHGの効果は世界中で研究されております。

 

漢方的には何首烏は補陰、補血作用が強いので、滋養強壮作用として日本では認知されていますが、毛髪は血の余りとされていますので、血が不足していると毛髪は生えません。

 

漢方的に血というと血液のことだけをいっているのではないです。 漢方的に血というと栄養や酸素、老廃物を運ぶ、循環のことを言っています。 今でいうところの血液とリンパ液に相当します。またこの何首烏は陰虚を改善します。

この陰虚というのは体が水不足になって、車でいうとオーバーヒート状態のことをいいます。水で潤し、熱を下げます。

 

このようなすばらしい薬草があるのです。 何首烏は血液の流れを良くして、血液を補い、その結果発毛を促す。 またメラニン色素合成促進作用もあり、白髪を黒くするのです。

 

ヘアロックはこの何首烏を中心に処方を考えました。

 

では解説2へつづく。

 

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»