アニマルウェルフェア(animal welfare)

アニマルウェルフェア(animal welfare)

 

私はこの単語はつい最近知りました。 経済動物の飼育環境を改善する考えがアニマルウェルフェアというそうです。日本語だと動物福祉とかいうそうです。

 

私はサラリーマン時代生薬系の動物飼料を販売していましました。そのコンセプトが結構気に入っていました。 そのコンセプトとは、抗生物質まみれの動物環境を改善して、免疫力を高めて元気な動物にしていきましょうということでした。しかし1990年代は超資本主義で、餌代を下げる、飼育面積当たりの飼育数を増やすなどなどもうすごかったです。

 

私は養鶏、養豚、酪農とみてまいました。

 

養鶏

 卵はいかに狭いゲージで卵を産ませるかです。 ゲージに1羽なら喧嘩になりませんが、2羽、3羽といれていくのです。そうすると鶏はストレスで尻をつつくんです。 尾っぽが禿げていたりするのはそのためです。

卵も小さい方が値段が高いのです。 大きい卵はおばあさん鶏が産むので値段が安いです。ある程度大きい卵を産むようになったら処分されます。

 ブロイラーは食肉用のことでこれはほぼ真っ暗の養鶏場でとにかく早く太らせます。

どれだけの面積で、餌をどれだけ使い効率よく太らせ、出荷させるかが勝負です。 ですから成長促進剤としての抗生物質は相当使用されていました。 

 

養豚

とにかく臭かったです。もともと豚さんは清潔好きなんですよね。それだけでストレスでしょう。 豚のしっぽもストレスでかみついたりしていました。 豚は5か月だったかな 速攻で成長して出荷されます。 子豚と乳首がなぜか合わないのです。 乳首が8個で子豚が10頭生まれるケースがあります。 2頭の子豚はどうなるかというと、死にはしませんが、ひね豚と言われて処分されます。ひね豚を育てても時間と餌がかかるだけなのでそうするということでした。しかし当時販売していた生薬系の飼料添加物は免疫力が付き、ひね豚にならないので処分しなくなったと聞きました。このひね豚がちゃんと成長してくれれば2頭の目欠はなくなるわけで、経済的に解決できたのです。 もちろん豚にも成長促進剤で抗生物質が使用されていました。 

 

酪農

牛乳 出産してから、ずっと乳を搾り取られます。それも機械で。 子牛は生まれた時から人工乳を飲まさせていますので、抵抗力がありません。 乳価は乳細胞の数できまります。乳細胞が少ないと、健康な牛から絞られて、なお、腐りにくいからです。 乳細胞が多いと不健康で、腐りやすい牛乳と判断されていました。また牛乳をたくさん出すように、ホルモン剤を使っていました。 さすがに今は使っていないと思いますが。小学生で早い初潮、胸が膨らむなどアメリカで報告されていました。 現実問題牛乳は水より安いのですよ。 

 

食肉 こちらは霜降り肉を生産するために余計に2年かけてビールを飲ませたりして脂を付けさせます。 当時聞いた話では、オーストラリアでは和牛というブランド牛があり、日本専用で輸出していたそうです。 これはひどい話ですねえ。和牛(オーストラリア産)ということです。 

 このオーストラリア和牛はなんとオーストラリアでは食用禁止でした。多分今もそうだと思います。 日本人が喜ぶ霜降り肉を食べると心筋梗塞や動脈硬化がおこり、脳出血などの病気を引き起こすことが分かっているからです。 ではなぜ日本では食用禁止にならないのかですが、日本の主食はごはんだからです。

 あくまでもごはんを食べるために、牛肉をたべますから。オーストラリアでは肉が主食です。そりゃ霜降り肉を何百gも食っていたら、病気になります。 日本では霜降り肉をしゃぶしゃぶとかすき焼きで脂を適当に落としてから食べますから。野菜やほかの食材もたくさんいれて、食べますから。

やはり酪農も抗生物質が大量に使われていました。 ここでも生薬系の飼料添加物をつかうとなんとマクロファージ活性が上がったのです。 そのデータがきっかけで、人間にも効くのではないかという話になり、あれから20年以上経過していますが、いまだにアメリカでは人間用のサプリメントとして免疫賦活剤として売れています。

私も試作品を結構飲んでいましたが、口内炎はできなくなるし、ビタミン剤は飲まなくてもよくなるし、風邪をひかなくなりました。 すごいなあと感心したものです。

 

 

以上ですが、当時は経済動物だからひどい扱い受けていてもしょうがないなと思っていましたが、ヨーロッパではこのような動物保護活動が盛んでした。抗生物質禁止したりしていました。糞尿は増えるし飼育コストが上がるしということで、政府が補助をして助けていました。

 

しかし現代ではさらにすごいことになっているんですね。 でもみなさんも飼育されているところにいくとびっくりしますよ。 

 

ちなみに私がこの件を知ったのは、鶏卵業者が、元農水大臣の政治家に500万円の賄賂を渡したということで2021年12月に逮捕されたことでした。 どうしてこんなことしたのかというとこのアニマルウェルフェア推進されるともうからなくなるので、政治家を使って推進を止めさせる目的だったそうです。 

 

話にいく先を間違っています。価格一辺倒のスーパーとかの販社、流通を説得する必要があるんじゃないでしょうか。

 

 

今までならバレなかったでしょうが令和になってからこのようなことはもう隠しきれないのでしょうねえ。

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»