財産の考え方

財産の考え方

 

何を財産と考えるのかは人それぞれです。 お金、土地、家、株、証券、金などなど。 私もそう思っていました。

 

しかしうちの母親は違っていました。 お前は財産を頭に入れているので、誰にも取れらないと豪語していました。 薬学部へ行かして、薬剤師という資格をとったことをいうていたようです。 確かに薬剤師という資格があれば、手当てが付いたり、薬局で働くことができますからね。 

 

母の実家の遺産相続でいろいろあったみたいでとられない財産というのは知識や経験、資格だと悟ったようでした。

 

その時はピンときませんでしたが、今となってはそれは痛いほどわかります。 何を財産と考えるのか? これは大切な問いだと私は思います。

 

家族との思い出、人との出会いなどその人独自の財産がたくさんあると思います。 健康という方もいるでしょう。

 

お金はなくても、息子や娘、孫、ひ孫に囲まれて生きていくのは本当に財産ではないかと私は思います。

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»