きっとうまくいく(映画)2

きっとうまくいく(映画)2

 

1からのつづき・・・・

 

会社は漢方薬の会社に入って、当時花粉症がひどかったので漢方で治ったらいいなと思い、漢方薬をいろいろ試しましたが、まったく効ききませんでした。それはそうです。日本で流通している漢方薬は2000年以上前の古文書での漢方マニュアルに基づいており、当時そんな症状はなかったのですから。日本で漢方といっているのは古文書レベルの漢方であり、中国ではほとんど使用されておりません。 だから中国からみたらそんな古い処方をいまだに使用しているなんてすごいということで驚かれたことがあります。

 

私にはお客さんが開発した新漢方が効きました。 invitoroですがマクロファージ活性を証明した処方でした。 かぼちゃ種子、車前子、ベニバナ、金銀花の組み合わせでした。成分も不明、作用機序もほぼ不明でしたが、私の花粉症はこの処方で治ってしまいました。 これだけでも漢方の会社に入ってよかったなと思います。

 

今私はサラリーマンの修行を終え、私が新漢方を処方することができました。 発毛サプリです。 

成分はつるどくだみ、イチョウ、ケイヒ、ローズマリー、杜仲葉、大豆です。すべて天然物です。 成分から見ると漢方といえないでしょうねえ。 世界の効果のあるものを処方したので。

 

私は根っからの薬屋だなと自分でも思います。 調剤室にいて薬に囲まれているとなんか嬉しいのです。 軟膏を練っているときは一番幸せを感じます。薬フェチなんかな。

 

シェフが料理を作っておいしい!と言われたとき幸せに感じるように、私はきく薬をつくって患者さんが治った。効いたよと言われると幸福感に包まれます。

 

好きなことを仕事にして楽しんでいる人には勝てるわけないよね。 だって楽しんでいるんだから。

前の記事へ

«

次の記事へ

»