発毛サプリメントヘアロック処方解説6

発毛サプリメントヘアロック処方解説6

 

ここでは杜仲葉エキスの説明をいたします。 杜仲葉は日本人には実になじみがある生薬ではないでしょうか。

20年以上まえに日立造船さんが、高血圧の特定保健食品をとったので私は衝撃を受けました。 ヘルスケア業界でもない会社がいきなり特定保健食品を取得するなんて信じられなかったのです。 その後事業ごと小林製薬さんへ売却されて、現在は引き続き販売しています。

 

その杜仲葉エキスです。 成分はゲニポシド酸です。 これは血圧を下げる成分として有名ですが、実はほかにも作用があるのです。それはIGF-1作用です。 IGF-1は何かというとインスリン様成長ホルモンのことです。

*IGF-1:Insulin-like growth factor 1

 

このIGF-1の作用にはなんと髪の毛の成長促進作用があるのです。

 

さらにこの成分は血中の脂肪分を減らす作用もありますので、血液はサラサラになっていきます。

 

もちろん血圧も下がってきます。しかしなんともすごいのは、このゲニポシド酸は低すぎる血圧は高くして正常にしてくれるのです。 血圧は低い方がいいということで現在の医学会ではいっていますが、ひと昔前は年齢+90が基準でした。 現在は年齢も関係なく、130という基準があります。 遺伝性、体質など人それぞれ条件は異なるので一律に130と線を引いしてしまうのは何か違和感があります。

 

ですから初サプリメントヘアロックを服用していると血圧が正常値になっていきます。血圧は感情とリンクしているため、うれしい、わくわくしているときは高血圧に、へこんでいるときには低血圧になっています。 あまり薬で血圧を下げ続けると、うつ病ぎみになるだけでなく、虚血性の認知症になる恐れがあります。 血圧は脳に血液を循環させるための圧力ですから、それをむやみに下げてしまえば頭に血液が回らなくて、傾眠、ぼっーとする、記憶が飛びやすいなどの症状が起こります。 

 

     杜仲葉

杜仲葉