ヘアロックモニター報告1

ヘアロックモニター報告1

 

 

モニター報告です。 50代男性 2か月でこの変化でした。 つむじがあまりわからないかったですが、2か月後には明確にわかるようになりました。 

 

 

この方は歯周病もあり、歯茎から出血していましたが、出血はなくなり、歯周病もなくなりました。

 

実は歯周病と薄毛は関連があるんですねえ。 

 

歯周病の人は薄毛になっている人が多いのです。 薄毛だからといって歯周病とは限りませんが。

 

ヘアロックというのは単純に髪の毛だけに効いているわけではないのです。 頭皮を健康にすることで発毛を促すことができるのです。そのキーポイントは末梢血管の血流改善です。 これは歯茎も同じことが言えます。歯茎も頭皮と同様に毛細血管の集まりです。 毛細血管の流れが改善されれば栄養や酸素がいきわたり毛根や歯茎の状態がよくなっていきます。

まさにこれが要素還元主義からの脱却から生まれたといわれる所以です。

 

要素還元主義では髪の毛しか見ないので、それでは改善しないでしょう。 要素還元主義というのは、人を人と見ず、部分的にしか見ない考え方です。 

 

この方がどうしてこんなに劇的に効果的であったのかというと、動脈硬化があり、高血圧症であったことが原因です。このような状況になると、身体は末梢血管に血流を促すために、血圧を上げざる得ないのでしょう。 血流が改善して、末梢血管まで改善するようになると、動脈硬化は改善し、血圧も低下していくのでしょう。 

 

皆さんが病気といわれる現象は、身体は自身の身体をを守るために行っている反応なのです。 薄毛になるのは痛くもかゆくもない毛髪を薄毛にすることで信号を送っているとも言えます。

 

身体から送ってくれている信号を心から耳を傾ければ、おのずと聞こえてくると私は信じています。