ヒトパピローマウイルスに効果能ある緑茶エキス軟膏の作り方

VEREGEN(sinecatechines)

緑茶エキス軟膏

 

 

この薬は海外では有名ですが、日本では承認がとれず、販売ることができない医薬品です。

 

先日どこで買えるのかと聞かれたので個人輸入するしかないですよとお伝えし、あとは自分で作るだけです。

 

作り方を知りたいといわれました。

 

たまに聞かれるのでここに記載しておきます。

 

成分は茶カテキンで濃度は10%の軟膏です。

 

用意するもの

 

〇茶カテキン 

 

茶カテキンはアマゾンとかネットで販売していますので手軽に入手できます。

100gで3000円くらいで販売しています。 パウダーを買ってください。98%品でいいですが、有効成分はエピガロカテキン(EGCG)なのでこれがだいたい50%くらい入っています。EGCGとかエピガロカテキンガレートとか書いてあれば大丈夫です。 

 

〇軟膏

白色ワセリンのことです。薬局でケンエーさんなど多くの会社が販売しています。 プロペトでも大丈夫です。

薬局で50gくらいで500円くらいで販売しています。大量につくるなら、500gを買った方が安いです。500gなら1500円くらいで買えます。

プロペトと白色ワセリンの違いは殺菌されているかどうです。ですからプロペトの方が高いですね。

外用剤で使うので殺菌はいりませんから、白色ワセリンでいいです。一応医薬品です。

 

あとは10%になるように作ればいいです。

 

カテキン98%を10.2gに対して、白色ワセリン89.8gですが、ここまで厳密にしなくてもよろしいかと思います。 白色ワセリン100gに対して12gの茶カテキンを配合すれば10%の濃度になります。