和方薬 石田散薬

和方薬 石田散薬

 

この薬は江戸時代から昭和20年くらいまで医薬品として認められていました。 石田村の薬だから石田散薬。

なんでも河童明神に教えてもらったと言われています。

 

土方歳三さんの生家は薬局であり、ここで製造販売していたとのことです。 なんか薬局繋がりで土方歳三さんに親近感を覚えます。 

 

効能は骨折、打ち身、筋肉痛などに効くとされている和方薬です。

 

この薬は土用の丑の日にミゾソバを採集して、製造していました。 乾燥させてから黒焼きにして、さらに日本酒をかけて乾燥させます。 飲み方はお酒で飲むとされています。

 

ミゾソバ 学名:Polygonum thunbergii  タデ科

 

     【ミゾソバ】

ミゾソバ

 

ミゾソバはわが町阿久比町にて発見しました。 土方歳三資料館にて毎年石田散薬の製造体験ができます。

興味のある方は参加してはどうでしょうか? 東京都日野市ですが。

 

昭和20年代の薬事法改正で医薬品ではなくなりました。黒焼きを一切認めませんでした。 私は黒焼きは抽出をしない濃縮方法だと思います。 

日本の黒焼き薬はほぼ絶滅してしまいました。 

 

東京でほそぼそと黒焼きを販売している会社があるくらいです。

いずれ弊社で黒焼き薬を復活させたいとひそかに思っています。