お盆

お盆

 

お盆という習慣は仏教ではなく、日本民族の古来の祖霊信仰であります。 祖霊信仰とは先祖に感謝して敬う行事です。

ご先祖様が生きている子孫にたいして影響を与えているという信仰です。

 

これは日本に限ったことではなく、世界中の土着民族では普通に行っている行事となります。

現在の自分があるのはご先祖様あってのことで感謝するのは当然のことです。

自分が存在するためには、両親、両親の両親とやっていくと、10代前で1024人になります。15代前までさかのぼるとなんと16384人のご先祖様となります。 

 

日本は旧暦のときは7月13日~3日間、新暦になってからは8月13日から3日間となっています。 ただ場所によって旧暦で行っている地域もあります。 中国は国自体が旧暦です。

 

和多志もお盆行事は行いました。 お墓にお迎えにいき、3日間くつろいでお送りしました。

 

ぼたもち、そうめん、巻きずしをふるまい、お金も渡して、お盆で帰れなかった人にお土産を買っていくということを両親から聞きました。 

 

それから盆踊り。 お盆の風物詩です。 最近はコロナで中止のところが多いので残念です。

 

日本人の和人としての仏教でも神道でもないお盆の風習。 先祖を敬い、感謝し生きていく姿勢は素晴らしいと思います。