守破離(しゅはり)

守破離(しゅはり)

 

この守破離という考え方は、日本独自のものであります。私が初めて聞いたのは、剣道をやっている人から聞きました。 そんな考え方があるんだと。 

 

まずはひきつけ、次に転換させ、反発させる磁石であると、聞きました。

 

現代風にいうなら、

 

守はマニュアル通りやること。 

 

破はマニュアルを超える対応をすること。

 

離は独立して自律すること。 免許皆伝

 

日本だけが道まで極めるのではないかと思います。ある意味芸術まで高めるのが日本の「道」の概念ではないかと。

 

海外では剣術、柔術と術どまりですが、日本は剣道、柔道、華道、香道と道まで極めて行きます。

 

まさに芸術まで高めることを日本民族は「道」といって術とは区別してきたのでしょう。

 

すばらしき日本文化です。