ワスレナグサ

ワスレナグサ

 

ワスレナグサ シンワスレナグサ ノハラワスレナグサ エゾムラサキなど

学名:Myosotis scorpioides ムラサキ科

 

ヨーロッパ原産で50種ほど存在しているそうです。

日本にはエゾムラサキが生えているようですが、

近所に生えていたこの野草はエゾムラサキなのか、ワスレナグサなのか

判断つきませんが、独断と偏見でワスレナグサだろうということにします。

 

ワスレナグサ

小さくてかわいらしい、はっきりした色の花です。

また名前がいいですよね。 ワスレナグサなんて。

名前がいいですよね。 

ドナウ川に落ちて死んだドイツの騎士ドルフの物語から彼が最後に残した言葉「僕を忘れないで」から花の名前は来ているそうです。

 

花言葉は「真実の愛」です。 すごい花言葉です。

英語ではfoget me not。  

 

ヨーロッパでは咳止め、去痰薬でシロップとして利用されていたそうです。

しかしピロリジンアルカロイドが含まれていて、肝障害、発がん性が言われているので使わなくなってきたのでしょう。