L-ドーパ10%(ムクナエキスパウダー)

L-ドーパ10%(ムクナエキスパウダー)

 

学名:Mucuna pruriens var. utilis

 

江戸時代では食料として栽培をされておりました。現在はほぼ絶滅状態です。
名前は「八升豆」なんでもすごい繁殖力で一粒から八升とれるということのようです。

毒性は江戸時代ではわかっていたことで、いわゆる「灰汁」抜きを何回もしていたようです。

古人の智慧が経験的に生きていたんでしょう。

 

灰汁の正体は、成分はなんとLドーパ、ドーパミンの前駆体です。 東南アジアでは催淫、滋養強壮、不妊に応用されています。 

 

Lドーパを10%まで高めています。